文字サイズ文字サイズ大文字サイズ中
HEALTH SERVICES
 

後期高齢者健診 (健康診査)

 糖尿病などの生活習慣病を早期に発見し、早期に受診治療することを目的に健康診査を実施しています。
 健康診査(健診)は、お住まいの市町村で受診することができます。実施日時や場所などの詳細については、市町村によって異なりますので、お住まいの市町村にお問い合わせください。なお、既に、医師の治療や指導を受けている方は、健診の必要はありませんが、引き続き医師の治療・保健指導を受けてください。

 

対象者

 福島県後期高齢者医療制度に加入している全ての被保険者

 

健診項目

項目 調べること
問診 服薬歴、既住歴、喫煙歴等
身体計測 身長、体重、BMI(肥満度)
理学的所見 視診、打聴診、触診等
血圧 血圧計
血清脂質検査 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
肝機能検査 GOT、GPT、γ−GTP
血糖検査 糖尿病の危険度
尿検査 尿糖、尿蛋白

※お住まいの市町村によっては、独自に健診項目が追加される場合があります。

健診の流れ
1.お住まいの市町村から受診券・質問票が送付されます。
  (市町村によっては、各自で申込が必要となる場合があります。)
2.受診券に同封された健康診査機関・会場へ、各自で申し込みます。
  (市町村によっては、申込が不要の場合もあります。)
3.受診券と被保険者証を持って受診します。
  (健診費用は市町村によって異なります。)
4.健診結果は数週間後に、健康診査機関または市町村から通知されます。
5.健診結果及び保健指導をもとに、必要に応じて医療機関を受診するほか、日常の健康管理につなげましょう。

実施時期・受診方法・自己負担金

 健診の実施時期や受診方法などは市町村によって異なりますので、詳しくはお住まいの市町村担当課までお問い合わせください。

 

東日本大震災により他市町村に避難されている方も、避難先で健診を受診することができます。

   このページのトップ

「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」に係る証明書の発行について
 従来の医療費控除の特例として、平成29年分の確定申告から「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」を受けることができます。
 「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」とは、平成29年1月1日から平成33年12月3日までの間に購入したスイッチOJT医薬品(医療用から転用された医薬品)の購入費用について、所得控除を受けることができるものです。
 「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」の概要については、厚生労働省のホームページ(外部リンク)をご確認ください。

 この適用を受けるには、個人がその年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組(以下、「一定の取組」という。)を行い、確定申告書の提出の際に、一定の取組を行ったことを明らかにする書類を添付又は提出する必要があります。
 「一定の取組」を行ったことの証明方法については、厚生労働省の「一定の取組」の証明方法について(PDF:125KB)をご確認ください。

 後期高齢者健康診査を受診したが、結果通知表からのみでは一定の取組を行ったことを証明できない場合には、当広域連合に後期高齢者健康診査を受診したことの証明を依頼することができます。

証明書の提出方法
 様式第1号「特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の所得控除に関する証明依頼書」に必要事項を記入の上、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当窓口に提出してください。
 市町村窓口で、受信状況を確認できた場合は証明書を発行します。

要綱・申請書等
特定一般用医薬品等購入費に係る所得控除証明書交付要綱(PDF:237KB)
様式第1号「特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の所得控除に関する証明依頼書」(word:17KB)
様式第1号「特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の所得控除に関する証明依頼書」(PDF:179KB)

歯科口腔健康診査

 歯科健康保持及び疾病予防等のため、次の内容で歯科検診を実施しています。歯の健康は、口腔状態の悪化による歯周病予防や、噛む力の低下による誤えん性肺炎予防のためにとても重要です。対象の方は、この機会に歯科検診を受診しましょう。

 

対象者

 福島県後期高齢者医療の被保険者で、昭和17年4月2日から昭和18年4月1日までに生まれた方(平成29年度中に75歳の誕生日を迎えた方)

健診期間

 平成30年6月1日(金)から平成30年11月30日(金)まで


受診方法

 1 対象の方に歯科検診の案内状が送付されます。(5月下旬)
 2 実施登録医療機関(案内状に一覧を同封)に電話等で予約していただきます。
 3 歯科健診問診票を記載します。
 4 「案内状兼受診券(問診票)」「歯科健診票」「被保険者証」を持参し、予約した実施登録医療機関で受診します。
※対象の医療機関にはポスターが貼ってあります。

健診項目
 1 問診
 2 口腔内診査(歯(義歯)の状態、噛合、歯周組織の状況、口腔衛生状況)
 3 口腔機能検査(嚥下、舌、湿性嗄声、口腔乾燥)

健診費用
 無料
 ※健診期間中一度限りの受診となります。健診の結果、治療を行う場合は有料となります。

留意事項
 1 東日本大震災により避難している方も、避難先で受診できる場合があります。希望される方は、広域連合までお問い合わせください。
 2 長期入院されている方や介護施設へ入所されている方は、対象とならない場合があります。




 制度のポイント
 被保険者になるには 
 保険料はいくら?
 お医者さんにかかるとき
 医療費が高額になったら
 入院したとき
 健康診断を受けたい 
 こんなときには届け出を
 窓口負担の免除期間は?
 
当サイトでは、各種データを閲覧するには、以下のソフトが必要です。

PDF形式:

Excel形式:
マイクロソフト社製 Excelビューア


お持ちでない方は、最新版を無償で入手することができます。
    福島県後期高齢者医療広域連合事務局

〒960-8043 福島県福島市中町8番2号 福島県自治会館内 TEL 024-528-9025(代表)/FAX 024-521-0254

Copyright(c) 2012 福島県後期高齢者医療広域連合 All right reserved.